So-net無料ブログ作成
検索選択
技術開発 ブログトップ

ガス分析 [技術開発]

現役時代の私はガス濃度測定機器・装置の検査をしていたのでガス分析には今でも関心があり今は福島原発事故で放射物質の濃度測定が報道などを通じてクローズアップされているので、毎日報道される放射性物質の濃度が専門分野として気になります。 環境測定としてのガス濃度測定は、しっかりしたデザインサンプリングを実行しなければ対処方法を誤った方向に導いてしまいます。 原発難民を決して右往左往させてはなりません。 「直ちに人体に影響を及ぼす濃度ではない」 といった抽象的な言い方はすべきではありません。

さてそれはさておき、ここでは 「Sendaサーミックリサーチ」 というTG-MSシステムによる委託分析を主務としている会社をご紹介します。 

こちらの千田社長は40年前に理学電気に在籍されていたとき、TG(熱重量分析・熱天秤)の開発に従事するかたわら、TGのみでは何がおきたのか分からないというTGの限界を超えるため、TGとMSを結合することを考え、その理論に基づき分析方法を装置化すべく開発と応用に従事され、現在材料開発、生産技術上の問題解決ツールとして威力を発揮する、TGーMS というシステムを確立されました。

そしてTG-MS研究会(現TMS研究会)の設立に奔走される等その普及啓蒙にも力を尽くされてきました。 このノウハウの蓄積をぜひ分析関係に従事されている方たちの仕事に役立たせていただきたいというのが千田社長の願いです。

「Sendaサーミックリサーチ」 はTG-MSに関する    

*受託分析  
*分析相談・分析指導  
*分析講習  
*TG-MSメンテナンス  
*装置設計  
*TG-MS用途開発
*協同研究

を主たる業務として、クライアントのさなざまなニーズに応えています。

例えば通常の分析室では引き受けにくいような分析についても、クライアントと議論、相談しながら、最も適切な分析法、導入部、反応器などを組み立てていくという分析プランを提案します。

尚、その他の詳細についてはこちらクリックして情報を得てください。
技術開発 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。